Viscuit(ビスケット)入門

Viscuit(ビスケット)はその可愛らしい名前のように、幼児から取り組めるプログラミングです。

タブレットに指で絵を描いて、それをメガネという仕組みの中に入れて動きを付けます。

本格的なゲームを作ることもできます。

Viscuit(ビスケット)はWebから簡単に体験することもできます。登録も必要ありません。→https://www.viscuit.com/


Viscuitのホームページです。「あそぶ」を」クリックします。

 


「やってみる」をクリックします。


「みんなでつくる」は簡単バージョンです。

まず、ここからやってみましょう。「みんなでつくる」をクリックします。


鉛筆マークをクリックします。ちなみにいくつかの背景(『ランド』という)があって好きな色を選択できます。


「Viscuit」の画面が出てきます。

左側がステージ、真ん中がメガネ置き場、右に様々なボタンがあります。

子どもに直感的に触ってもらう仕様なので、説明書き等はありませんが、覚えなければならないことは少ないので、どんどん触ってみましょう。

まず「鉛筆」をクリック。

 


Viscuitには1600万色もの色があるので、マウスや、タブレットの場合は指やペンで絵を描いてみましょう。

やり直しをするときは右下のマークをクリック、絵が完成したら左下の◯をクリック!


描いた魚を3匹ほど、ドラッグして海の中に置きましょう。


メガネをドラッグして持ってきます。メガネの左側と右側に魚を1匹ずつ入れます。

魚が泳ぎだします。

メガネの真ん中に→がありますが、左のメガネの状態を右の状態にすると言う意味です。

右のメガネの中に入れた魚をずらすことによって、ステージ上の魚が動きます。

メガネによって魚に動きをつける、これがプログラミングになります。プログラミングの一番小さい単位です。


メガネをもうひとつ出してみましょう。

同様に左と右に魚を少しずらして入れます。

ステージの魚の動きが少し複雑になったと思います。

このようにメガネはどんどん増やしていくことができます。

描いた魚をランドに送ります。右上のマークをクリックします。


◯が現れるのでクリックします。これで、自分の描いた魚がランドに送られます。


「みんなでつくる」という言葉通り、全国の子どもたち(大人かもしれない)が同じ時間に作った絵が集まります。画面をクリックすると最初の画面に戻ります。



「ランド」を見る時には、真ん中をクリックします。

その時点での、最新のランドが現れるので、自分の魚はこの中にいないかもしれません。

 


自分の魚を見たい、また修正したい場合には、右のマークをクリック。


日にちを手がかりに自分の魚の水槽を探してクリック。「定期開催うみ」というのはこのランドの種類です。(青い背景)


自分の魚を探すのは大変ですが、最新の物はどんどん下に追加されていくので、下から探しても良いでしょう。運がよければ一番上にあるかもしれません。

自分の魚を見るだけの時は「指」マークをクリック。

直したい時は、「鉛筆」マークをクリックします。


Viscuitには、ワードやエクセルのような、いわゆる「上書き保存」という機能はありません。修正すると、また新しく別の作品として保存されます。

魚をもう一種類追加してみました。